マザーズサロン重信 mather3s.exblog.jp

母と子の食育講座・細胞矯正医学・潜在意識活用


by runrun-yoshiko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
こんにちは。先回の《ベビーマッサージ&指鉄棒》の驚きに、早速のお問い合わせに感謝いたします。

こんなご質問がありました。
「このお子さん、7ヶ月ではなくて、1歳7ヶ月の間違いではないんですか? うちの子は 7,8カ月では、まだハイハイをはじめたかどうかの時期でした。」

そうですね。一般的な発達では
     〈動作〉         〈一般的な時期〉 
◆首を動かして左右を見る・・・・・・・・ 4ヶ月
◆支えられて腰を掛・・・・・・・・・・・ 4ヶ月
◆寝返りをする・・・・・・・・・・・・・ 4ヶ月
◆支えがあると椅子の上に座る ・・・・・ 6カ月
◆つりさげてあるものを掴む ・・・・・・ 6カ月
◆支えがなくても座る・・・・・・・・・・ 7ヶ月
◆助けがあると立ち上がることができる ・ 8カ月
◆つかまり立ちができる・・・・・・・・・ 9カ月
◆ハイハイをする・・・・・・・・・・・・ 9~10ヶ月  

と、こんな感じですから、かなり違いますよね。(しかも個人差はかなりあります)
そして更に、いわゆるアロエベビーと称している【胎児乳幼児の時期に必要十分な栄養素を吸収して成長したベビー】の発達は、この一般的な発達の時期が更に早くなります。
例えば

     〈動作〉    〈一般的な時期〉 〈アロエベビーの発達〉

◇おもちゃを目で追う・・・・・・・・・2~3ヶ月・・・・2週間  
◇自分から微笑みかける ・・・・・・・2~3ヶ月 ・・・1ヵ月~1.5ヶ月
◆首を動かして左右を見る ・・・・・ 4ヶ月 ・・・・ 産まれてすぐ
◆支えられて腰を掛ける ・・・・・・ 4ヶ月 ・・・・ 2ヶ月
◆寝返りをする ・・・・・・・・・・ 4ヶ月 ・・・・ 2ヶ月
◆支えがあると椅子の上に座る ・・・ 6カ月 ・・・    
◆つりさげてあるものを掴む ・・・・ 6カ月 ・・・・ 3ヶ月
◆支えがなくても座る ・・・・・・・ 7ヶ月 ・・・・ 4~5ヶ月
◆助けがあると立ち上がることができる 8カ月     
◆つかまり立ちができる ・・・・・・ 9カ月
◆ハイハイをする・・・・・・・・・・ 9~10ヶ月 ・・ 6カ月~
◇小物を二本の指でつまむ ・・・・・ 1歳6カ月 ・・・ 7ヶ月
◇積み木を積む・・・・・・・・・・・ 1歳6カ月・・・・ 10ヶ月
◇ペンで〇を書く ・・・・・・・・・ 3~4才・・・・・ 1歳1ヵ月


です。
そこに更に代謝を促進して、体幹を強くする運動などを少しづつ加えていきますから、一般的な発達から考えると 物凄い差になるでしょうね。


でもこれは乳幼児の持つごく一般的な能力に過ぎません。特にHちゃんが際立って優れているというモノではなく、どの子もみんな優れた能力を持っているのです。大人が気がつかないで「赤ちゃんは、何もできない」と、放置しているだけです。

こんなに素晴らしい才能や能力を、適切な時期に適切に伸ばしてあげたいですよね。

もっと詳しく知って診たいなあと 思われる皆さま、是非お越しくださいね。
ベビーマッサージは、毎月2回火曜日に開催しています。詳しい内容はHPをご覧ください。また、4月より、食育講座・細胞矯正医学講座も開催予定です。

流行や宣伝に左右されない知識を、家族の健康の為に身につけましょう。










       

[PR]
# by runrun-yoshiko | 2018-02-05 13:42 | アロエベビー
皆さま、ベビーマッサージの名前やちょっとした体験はお持ちの方が多いと思いますが、本当の効果をご存じでしょうか?

今回は、凄い体験をシェアしましょうね。

マザーズサロンでは、毎月2回(火曜日)に、ABM(アタッチメント)ベビーマッサージを指導しています。其々月齢や発達の違うお子様方で、きめ細かな視点が必要ですから、定員は5名程度です。

ベビーマッサージの歴史や効果についてもお話します。
さあ、ここで質問です。
① アジアやアフリカでは、実はベビーマッサージはごく当たり前にずっと昔から行われています。例えばアフリカ・ウガンダなどでは、このマッサージによって新生児の首の座りが早いと言われていますが、一体、生後何か月で首が座るのでしょうか?(答えは、ベビーマッサージの時に)(笑)


使用するオイルも実はとても重要です。オイルの選び方も、お話します。
さあ、ここでもう一つ質問です。
② アトピー性皮膚炎や湿疹のあるお子様には、一般のオイルは使えない場合が多いのですが、では何どんなオイルをを選んであげれば良いでしょう?(これも答えは、ベビーマッサージの時に)

そんなお話をしながら、ベビーマッサージの本題の指導です。

そして、更にやっておきたいベビーの運動についても お話します。その中でも 誰でも簡単にできる、とても大切な運動刺激が【指の刺激】です。これは、最近2020東京オリンピックを前にジュニアの活躍がよくテレビでも放送されていますが、彼ら(彼女)たちの幼児期からの運動にもよく出てきていますね。また、七田式幼児教育などでも 指導されてきました。

逆を言えば、《最近の子ども達が 非常に指の力がない事、筆圧がない事》が とても危惧されています。高校生でもHBの鉛筆を使用する事ができず小学校低学年のような2Bの鉛筆しか持てない!子どもが多くいます。実は筆圧というのは、単なる指の力だけではなく、指先ー手首―肘ー肩ー首ー側頭葉に繋がる大切な脳の機能です。

勿論、指の機能や力は、ほおっておいてもそれなりにはなりますが。高齢になって認知機能の低下防止の為に、わざわざピアノの練習をしたり、折り紙をしたりすることを見ても、この指の機能を幼児期に鍛えておくことがどれほど大事な事か、ある程度の予測はつきますよね。

この指の刺激運動をベビーマッサージのついでに(?)せっせとやり続けたHちゃん(生後7ヶ月)、とうとう【指鉄棒】ができるようになりました。お母さんの指をしっかり握って【鉄棒】状態ができるわけです。ブランブラン揺する事も平気です。七田式では、指を握らせて体を起こしたり、そのまま引き上げたりの練習をします。それ以上ですねえ~。

「それがどうした?」って? イエイエ、その凄さは実はこんな身体能力に繋がる事をお知らせしたかったのです。
先日、そのお子さんの様子を見ている時。(まだ、11カ月よちよち歩きです。)お姉ちゃんに押されて、
バランスを崩して後ろに倒れそうになったのですが、ナント! とっさにしゃがみこんだのです。そして、お尻をついて、それでも体は後ろに倒れかけているのですが、体を横にしながら背中を丸めて上手に頭を打たないように転がったのです!
『凄い! この子!お見事!と思いました。
普通でしたら、ドーンと押されて、そのまま後ろにバタン!と倒れて後頭部を思い切りぶつけてケガをします。

1歳に満たない子どもでも、きちんと身体の機能を刺激し少しづつ鍛えておくと 体幹もしっかりとして、しかもこんなにもしなやかに危険を回避できる体になるのだと、つくづく感動しました

ベビーマッサージの効果は、乳幼児の脳の発達や筋肉、代謝の向上に非常に役立ちますが、その様子をはっきりと実感させて頂きました。

お子様の脳と身体能力のバランスの取れた良い発達をお考えの皆さま、是非、習ったベビーマッサージや運動を お家で続けてくださいね。
また、ご興味のある方は、是非おこしください。

b0347113_23262845.jpg

Hちゃん(生後7~8ヶ月の頃)の指鉄棒の様子。
ただし見よう見まねで真似などは決してしないで下さい。事故の元です。










[PR]
# by runrun-yoshiko | 2018-01-31 23:41 | ベビーマッサージ
少々遅くなりましたが、皆さま 明けましておめでとうございます。そして、寒中お見舞い申し上げます。

昨年クリスマス前から インドに赴き、クリスマス・年末年始と インドで過ごしてまいりました。とっても言葉に言い表せないほど快適だったのですが、日本に帰って来てから少々体調を崩してしまいました。 (+o+)う~ん、昼間は夏、夜は冬という気候にかなり疲れたか? あるいは、あちらは床が全て大理石、やはり足から冷えたのか?

なぜインド?と、良く聞かれます。
まずは、やはり【アーユルヴェーダ(自然医学)の発祥の地】ですね。
そして今回は、【深い深い潜在意識の源・純粋意識を尋ねて】でしょうか。

インドには、国が定めたブラフマスターン(地理的な中心点)がありますが、ここを中心に古代建築学(スタパティアヴェーダ)に基ずいて、人間の心と体・生理に最も最適な街造りが行われています。実は、私の家もこのスタパティアヴェーダに基ずいて建てられています。この建築様式は、日本の神社仏閣にも取り入れられてきたもので、実はとても日本人には縁の深いものなのです。

広大な敷地の中に、整然とスタパティアヴェーダの美しい施設と、そして美しいお庭が共に現れると、チョット別世界の感覚です。そして、滞在する時間が増すごとに、心が その静けさと暖かさ、何とも言えない幸福感・至福・無邪気さに、満たされていくのが よく解りました。

人生の中で、一度は行ってみたいとは思っていましたが、本当に幸せな時間を頂きました。本当の意味で日々の生活にストレスがなく、心と体が整うとは、こうゆう事を言うのだなと、思いました。

また今年も この体験を基に更に 精進してまいります。皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

b0347113_22243612.jpg
b0347113_22245930.jpg


















[PR]
# by runrun-yoshiko | 2018-01-28 22:13 | アーユルヴェーダ

さてさて、今日で三回目の『至福と平和を放つ100人瞑想会』のレクチャーの続きです。

一体どうやってコロンボの大統領は50年にも及ぶ内戦を終結させることができたのでしょうか?
それは、TM瞑想の国家導入です。ラテンアメリカでは、毎日朝夕数千人規模のTM瞑想が行われています。


TM瞑想は、これを行う個人の根深いストレスを軽減する効果が、1回目にお話しした世界中の学術論文から明らかにされています。
それによって、ストレスを原因とする現代の多くの病気が 薬や手術などの西洋医学にたよらずに、見事に回復へと向かいます。

と同時に証明されたのは、TM瞑想を行う人口が、その地域の人口の1%に達した時、TM瞑想を行っていない地域の人々のストレス波も軽減されるという事です。これによって地域の犯罪率、事故率、テロの発生などが激減するわけです。この効果を《 マハリシ効果 》《 1%効果 》 と、よびます。
50回以上に及ぶ実験調査の中でも有名なのは、ワシントンで行われた実験です。ワシントンの警察署長は「そんなもので、犯罪が少なくなる事は絶対にあり得ない!」と非常に懐疑的でしたが、結果は ワシントン市街地がが2mの大雪で誰一人一歩も外へ出られなかった時の犯罪発生率と同様の犯罪率にまで 減少しました。(夏などは、人が多く外に出るので犯罪率が 高いのだそうです。)この素晴らしい結果の記者会見の場には、豪語した警察署長は姿を現しませんでした。

ランド研究所:【この研究所は、テロ、武力行使、紛争に関しての世界No1の研究所だそうです】による研究でも、同様にTM瞑想によるテロの減少はなんと!72%の減!だそうです。

地域や国の人口の1%の人々が、毎日規則的に瞑想することによって、個人、グループ、地域、国のストレスが減少し、調和と協調性が増し、対立・敵意・憎しみ・不安・悲しみ・が減少します。互いの自然な理解・安心・尊敬・が増します。これが、聖マハリシ・マヘーシュ・ヨーギが語る ”何者からも危害を加えられない” 【 国家の鎧 】【 無敵の力 】です。

いま日本は 戦後72年を迎え、戦後最も戦争などに巻き込まれやすい危機的状況に瀕していると言えます。聖マハリシは、既に15年も前からこの事について、語ってきたそうです。

話は変わりますが、日本政府も50人以上の社員を抱える企業に対して 社員のストレス軽減の対策を取るように、ストレスチェック制度の導入を図るそうです。今日、過労死、加重残業などによる日本人の健康被害が 益々深刻化しています。このストレスチェック制度は、やがて全会社に導入が予定されています。企業のTM導入によって、生き残る会社、或いは疲弊していく会社と大きく変化していくでしょう。

『 今できる事を、やりなさい 』という言葉が、ヨーガ・スートラの中にあるそうです。
一人一人が、ごく自然に規則的に瞑想することで、個人においての至福と平和の日々を満喫し、同時に家庭においても、社会においても、国家においても 平和な日々を守りたいものです。

それから、それから、このTM瞑想は、子供たちの脳を素晴らしく発達させます!!
イギリス王立学校でも すでに取り入れられています。南米ラテンアメリカは、今後国の未来を託す教育に非常に重きを置いていますが、公共教育に導入しています。インドでは既に、全ての小中高大学全ての公共教育にTM瞑想が 取り入れられています。

未来の日本と世界を担うこの日本の子ども達にも 是非取り入れられることを願います。
いじめ・うつ・学習障害・様々な複雑なストレスと不安を抱えて苦しむ子供たちが、減少することを心から願います。


3日間の簡単レクチャーにお付き合い頂きましてありがとうございました。
TM瞑想に関心を持たれた方、子供の教育などにも関心をお持ちの方は、いつでもご気軽にお尋ねください。マザーズサロンでお茶にしましょうね。


b0347113_21202138.jpg























[PR]
# by runrun-yoshiko | 2017-11-01 21:09 | 潜在意識
さてさて、昨日のセミナーの続きです。

このTM瞑想を世界に広げたのは、ご存じ今世紀最大の聖人と言われ その死はインド国葬が執り行われた聖マハリシ・マヘーシュヨーギです。聖マハリシが1960年代にインドからアメリカに渡られる際、実は日本に立ち寄られたのだそうです。

実は、世界の中で最も親日国はインドだという事を 皆さま、ご存じでしたでしょうか?

インドと日本は 第2次世界大戦時とその後とても深いつながりがあります。日本軍はインドの地で”インパール作戦”を展開し連合軍と死闘をくり広げています。その戦いの凄まじさは、ジャングルに眠る3万とも言われる日本兵の数にも表れています。当時インドは独立をかけて日本軍と共にゲリラ戦を戦い、大戦後もインドに残った旧日本兵は、チャンドラ・ボーズ氏を中心としてインド独立の為に命がけの運動を助けました。
インドの国会には中央に建国の祖チャンドラ・ボーズ氏、左右に初代首相のネール氏、そしてガンジー氏の肖像が 飾られているそうです。

そして!国会開催中の8月6日と8月9日は、インド国会は、1分間の黙想をして始まるのだそうです
8月6日、8月9日、そうです。それは、広島と長崎に原爆が投下された日です。なんと!72年経っても、インドは国会が開催されている時は必ず日本に向けてこの黙想が行われているのです。
日本人として 驚きと共に ただただ頭の下がる想いです


おそらくマハリシ・マヘーシュヨーギもまた、心に常に日本の事を気にかけておられたかもしれません。
日本に立ち寄られて以後も 常に『日出ずる国』と呼ばれています。

そうそう、皆さま、昨年のノーベル平和賞がどなたに送られたのかをご存じでしたでしょうか?
私も知らなかったのですが 南米コロンビアの大統領に贈られました。コロンビアはなんと50年もの長きにわたる内戦にようやく終止符を打つことがて来たのです。そしてさらに銃規制の法律を制定することに成功したのです。この快挙を成し遂げたのがコロンビアの大統領でした。
では、なぜこの話がTM瞑想と関係があるのかをまた次回にお話しましょうね。


ちなみに、今年のノーベル平和賞はどの団体におくられたのかはご存じですよね。
日本からも、広島と長崎の被爆者・ごく一般の方が参加されましたね。これもまた素晴らしいことですね!
時代が急スピードで動いていきますね。

いままで知らなかった情報も、少し取り入れてみましょう。
世界の平和も まずあなたの心の平和から 始まります。

















[PR]
# by runrun-yoshiko | 2017-10-30 22:50 | 潜在意識