マザーズサロン重信 mather3s.exblog.jp

母と子の食育講座・細胞矯正医学・潜在意識活用


by runrun-yoshiko
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

今年の節分

こんにちわ。
あっという間に年はあけ、節分を迎えて今日は立春・旧正月をむかえましたね。
節分・旧正月を迎えると、いよいよ本格的な2019年の始まりです。今年も、いつもお世話に待っている某寺院の節分祭に参加させていただきました。

ところで、節分の「豆まき」って、「豆」の霊力を借りた邪気払いだっていう事をご存じでしたか?
私は、今更ながらに「ほう!」って感じです。
豆まきに使う大豆の黄色い色は「中央」と言う意味を持っています。方位の神様の色は、東が青、西が白、南が赤、北が黒ですから、中央を表す黄色の豆をまき大豆の■の形状エネルギーを拡散することで住んでいる方の、イライラする心や怒り憎しみ恨み不安心配などの悪い波動を祓うという事なのです。すごいですねえ~。

昨日の豆まきがまだの方、遅ればせながらでも、良いかも・・・

で、その帰りの車から見えたものは、なんと!素晴らしい大きな大きな虹でした。しかも、いくつも!!
なんだか、神様が本当に喜んでくださっているように感じました。
大きな幸せが、ことしも沢山、皆様に届きますように心からお祈りいたします。


b0347113_15025941.jpg

豆と言えば、今年もまた「my味噌作り」が3月23(土)にあります。ホームページに詳細がありますから、是非お早めにお申込みください。今年も、美味しい契約無農薬有機大豆が届きます。

お子様とご一緒に、楽しい一時をお過ごしください。お待ちしています。





















# by runrun-yoshiko | 2019-02-04 15:04 | 引き寄せ

ワンこもできる光線治療

こんにちは。
松山は連続3週間の猛暑の日々に、恵の雨が降りました。とは言っても、あちこちで災害に会われた方々にとっては、言い難い台風でもありました。心よりお見舞い申し上げます。

さて、猛暑の中で体調を崩していらっしゃる方も多いですね。人もペットも。
春から、どうも我が家のペットのワンこ(柴犬・10歳)もなんとなく、おとなしい・・・
人が来ても、飼い主が傍に来ても、解っているのかいないのか、無視??聞こえていない?老化現象?
と、思っていましたら、なんと外耳炎、中耳炎?アトピー性皮膚炎?・・よくわかりませんが。。

そこで、ワンこに光線治療をしてみました。以前、足をねん挫したようでひこずっていた時にも 光線を当ててすぐに良くなったのです。今回は少し時間がかかるかなあ。



b0347113_15385585.jpg




b0347113_15422606.jpg

治療も嫌がるかと思いきや、以外とじーっと気持ちよさそうにかかっているんです。
そして・・・、以外!2,3回かけたら、少し元気になったよ~。
耳も反応が良くなった!何だか耳の中がただれていたのがひいてきましたねえ。

実は、以前にリスが冬眠しかけて仮死状態の時にも光線治療で息を吹き返しました。
動物は、より自然だから良いかもね。
人にも勿論良いですよ。この夏、エアコンをかけ過ぎて冷たくなった足など、是非お試し下さい。
















# by runrun-yoshiko | 2018-07-29 15:55 | 自然医学
こんにちは。先回の《ベビーマッサージ&指鉄棒》の驚きに、早速のお問い合わせに感謝いたします。

こんなご質問がありました。
「このお子さん、7ヶ月ではなくて、1歳7ヶ月の間違いではないんですか? うちの子は 7,8カ月では、まだハイハイをはじめたかどうかの時期でした。」

そうですね。一般的な発達では
     〈動作〉         〈一般的な時期〉 
◆首を動かして左右を見る・・・・・・・・ 4ヶ月
◆支えられて腰を掛・・・・・・・・・・・ 4ヶ月
◆寝返りをする・・・・・・・・・・・・・ 4ヶ月
◆支えがあると椅子の上に座る ・・・・・ 6カ月
◆つりさげてあるものを掴む ・・・・・・ 6カ月
◆支えがなくても座る・・・・・・・・・・ 7ヶ月
◆助けがあると立ち上がることができる ・ 8カ月
◆つかまり立ちができる・・・・・・・・・ 9カ月
◆ハイハイをする・・・・・・・・・・・・ 9~10ヶ月  

と、こんな感じですから、かなり違いますよね。(しかも個人差はかなりあります)
そして更に、いわゆるアロエベビーと称している【胎児乳幼児の時期に必要十分な栄養素を吸収して成長したベビー】の発達は、この一般的な発達の時期が更に早くなります。
例えば

     〈動作〉    〈一般的な時期〉 〈アロエベビーの発達〉

◇おもちゃを目で追う・・・・・・・・・2~3ヶ月・・・・2週間  
◇自分から微笑みかける ・・・・・・・2~3ヶ月 ・・・1ヵ月~1.5ヶ月
◆首を動かして左右を見る ・・・・・ 4ヶ月 ・・・・ 産まれてすぐ
◆支えられて腰を掛ける ・・・・・・ 4ヶ月 ・・・・ 2ヶ月
◆寝返りをする ・・・・・・・・・・ 4ヶ月 ・・・・ 2ヶ月
◆支えがあると椅子の上に座る ・・・ 6カ月 ・・・    
◆つりさげてあるものを掴む ・・・・ 6カ月 ・・・・ 3ヶ月
◆支えがなくても座る ・・・・・・・ 7ヶ月 ・・・・ 4~5ヶ月
◆助けがあると立ち上がることができる 8カ月     
◆つかまり立ちができる ・・・・・・ 9カ月
◆ハイハイをする・・・・・・・・・・ 9~10ヶ月 ・・ 6カ月~
◇小物を二本の指でつまむ ・・・・・ 1歳6カ月 ・・・ 7ヶ月
◇積み木を積む・・・・・・・・・・・ 1歳6カ月・・・・ 10ヶ月
◇ペンで〇を書く ・・・・・・・・・ 3~4才・・・・・ 1歳1ヵ月


です。
そこに更に代謝を促進して、体幹を強くする運動などを少しづつ加えていきますから、一般的な発達から考えると 物凄い差になるでしょうね。


でもこれは乳幼児の持つごく一般的な能力に過ぎません。特にHちゃんが際立って優れているというモノではなく、どの子もみんな優れた能力を持っているのです。大人が気がつかないで「赤ちゃんは、何もできない」と、放置しているだけです。

こんなに素晴らしい才能や能力を、適切な時期に適切に伸ばしてあげたいですよね。

もっと詳しく知って診たいなあと 思われる皆さま、是非お越しくださいね。
ベビーマッサージは、毎月2回火曜日に開催しています。詳しい内容はHPをご覧ください。また、4月より、食育講座・細胞矯正医学講座も開催予定です。

流行や宣伝に左右されない知識を、家族の健康の為に身につけましょう。










       

# by runrun-yoshiko | 2018-02-05 13:42 | アロエベビー
皆さま、ベビーマッサージの名前やちょっとした体験はお持ちの方が多いと思いますが、本当の効果をご存じでしょうか?

今回は、凄い体験をシェアしましょうね。

マザーズサロンでは、毎月2回(火曜日)に、ABM(アタッチメント)ベビーマッサージを指導しています。其々月齢や発達の違うお子様方で、きめ細かな視点が必要ですから、定員は5名程度です。

ベビーマッサージの歴史や効果についてもお話します。
さあ、ここで質問です。
① アジアやアフリカでは、実はベビーマッサージはごく当たり前にずっと昔から行われています。例えばアフリカ・ウガンダなどでは、このマッサージによって新生児の首の座りが早いと言われていますが、一体、生後何か月で首が座るのでしょうか?(答えは、ベビーマッサージの時に)(笑)


使用するオイルも実はとても重要です。オイルの選び方も、お話します。
さあ、ここでもう一つ質問です。
② アトピー性皮膚炎や湿疹のあるお子様には、一般のオイルは使えない場合が多いのですが、では何どんなオイルをを選んであげれば良いでしょう?(これも答えは、ベビーマッサージの時に)

そんなお話をしながら、ベビーマッサージの本題の指導です。

そして、更にやっておきたいベビーの運動についても お話します。その中でも 誰でも簡単にできる、とても大切な運動刺激が【指の刺激】です。これは、最近2020東京オリンピックを前にジュニアの活躍がよくテレビでも放送されていますが、彼ら(彼女)たちの幼児期からの運動にもよく出てきていますね。また、七田式幼児教育などでも 指導されてきました。

逆を言えば、《最近の子ども達が 非常に指の力がない事、筆圧がない事》が とても危惧されています。高校生でもHBの鉛筆を使用する事ができず小学校低学年のような2Bの鉛筆しか持てない!子どもが多くいます。実は筆圧というのは、単なる指の力だけではなく、指先ー手首―肘ー肩ー首ー側頭葉に繋がる大切な脳の機能です。

勿論、指の機能や力は、ほおっておいてもそれなりにはなりますが。高齢になって認知機能の低下防止の為に、わざわざピアノの練習をしたり、折り紙をしたりすることを見ても、この指の機能を幼児期に鍛えておくことがどれほど大事な事か、ある程度の予測はつきますよね。

この指の刺激運動をベビーマッサージのついでに(?)せっせとやり続けたHちゃん(生後7ヶ月)、とうとう【指鉄棒】ができるようになりました。お母さんの指をしっかり握って【鉄棒】状態ができるわけです。ブランブラン揺する事も平気です。七田式では、指を握らせて体を起こしたり、そのまま引き上げたりの練習をします。それ以上ですねえ~。

「それがどうした?」って? イエイエ、その凄さは実はこんな身体能力に繋がる事をお知らせしたかったのです。
先日、そのお子さんの様子を見ている時。(まだ、11カ月よちよち歩きです。)お姉ちゃんに押されて、
バランスを崩して後ろに倒れそうになったのですが、ナント! とっさにしゃがみこんだのです。そして、お尻をついて、それでも体は後ろに倒れかけているのですが、体を横にしながら背中を丸めて上手に頭を打たないように転がったのです!
『凄い! この子!お見事!と思いました。
普通でしたら、ドーンと押されて、そのまま後ろにバタン!と倒れて後頭部を思い切りぶつけてケガをします。

1歳に満たない子どもでも、きちんと身体の機能を刺激し少しづつ鍛えておくと 体幹もしっかりとして、しかもこんなにもしなやかに危険を回避できる体になるのだと、つくづく感動しました

ベビーマッサージの効果は、乳幼児の脳の発達や筋肉、代謝の向上に非常に役立ちますが、その様子をはっきりと実感させて頂きました。

お子様の脳と身体能力のバランスの取れた良い発達をお考えの皆さま、是非、習ったベビーマッサージや運動を お家で続けてくださいね。
また、ご興味のある方は、是非おこしください。

b0347113_23262845.jpg

Hちゃん(生後7~8ヶ月の頃)の指鉄棒の様子。
ただし見よう見まねで真似などは決してしないで下さい。事故の元です。










# by runrun-yoshiko | 2018-01-31 23:41 | ベビーマッサージ
少々遅くなりましたが、皆さま 明けましておめでとうございます。そして、寒中お見舞い申し上げます。

昨年クリスマス前から インドに赴き、クリスマス・年末年始と インドで過ごしてまいりました。とっても言葉に言い表せないほど快適だったのですが、日本に帰って来てから少々体調を崩してしまいました。 (+o+)う~ん、昼間は夏、夜は冬という気候にかなり疲れたか? あるいは、あちらは床が全て大理石、やはり足から冷えたのか?

なぜインド?と、良く聞かれます。
まずは、やはり【アーユルヴェーダ(自然医学)の発祥の地】ですね。
そして今回は、【深い深い潜在意識の源・純粋意識を尋ねて】でしょうか。

インドには、国が定めたブラフマスターン(地理的な中心点)がありますが、ここを中心に古代建築学(スタパティアヴェーダ)に基ずいて、人間の心と体・生理に最も最適な街造りが行われています。実は、私の家もこのスタパティアヴェーダに基ずいて建てられています。この建築様式は、日本の神社仏閣にも取り入れられてきたもので、実はとても日本人には縁の深いものなのです。

広大な敷地の中に、整然とスタパティアヴェーダの美しい施設と、そして美しいお庭が共に現れると、チョット別世界の感覚です。そして、滞在する時間が増すごとに、心が その静けさと暖かさ、何とも言えない幸福感・至福・無邪気さに、満たされていくのが よく解りました。

人生の中で、一度は行ってみたいとは思っていましたが、本当に幸せな時間を頂きました。本当の意味で日々の生活にストレスがなく、心と体が整うとは、こうゆう事を言うのだなと、思いました。

また今年も この体験を基に更に 精進してまいります。皆さま、どうぞよろしくお願い致します。

b0347113_22243612.jpg
b0347113_22245930.jpg


















# by runrun-yoshiko | 2018-01-28 22:13 | アーユルヴェーダ